0120-4192-09受付時間10時~19時

Accommodation 滞在先について

アイルランド留学センター > 滞在先について
アイルランド留学中の滞在先、留学を考え始めたときにまず気になるポイントの一つではないでしょうか?もちろん学校も滞在先(ホームステイ、寮など)を手配してくれますが、長期滞在となると学校手配の滞在先にずっと滞在される方は少なくなり、現地でも人気なルームシェアに移られる方がほとんど。アイルランド留学で人気な滞在方法、またルームシェアの探し方についてご紹介します。

ホームステイ

子供と母親
アイルランド留学をするならホームステイを経験してみたい!という方も多いはず。アイリッシュのご家庭に滞在する方法で、基本的に朝食と夕食は滞在費用に含まれています。(学校によっては3食含まれたプランを用意しているところもあります。)もちろん生活は全て英語。家族構成は様々で、ホストマザーのみのお家もあれば子供がたくさんのお家もあり、犬も猫も飼っているお家もあればペットのいないお家もあります。ホストファミリーは全て専門機関によって審査された家庭ばかりで、学校のアコモデーション担当が実際に訪問をしている先。アイルランドの文化を知りたい方、英語漬けの環境を作りたい方におすすめです。

メリット

  • 100%英語環境!

  • アイリッシュの習慣、文化を学ぶことができます。

  • お食事が提供されるため食事の心配もなし。寮に比べて割安。

デメリット

  • ゲストとしてではなく家族の一員として生活することになるため、門限などお家のルールは守らなければなりません

  • 特にダブリン中心部に学校がある場合は通学時間が1時間前後になることも

学生寮

学生
門限などのルールが少なくホームステイに比べて自由度が高いため、特に社会人の方に人気な滞在先が学生寮。学校が所有しているパターンもあれば、いくつかの学校が共同で使用しているパターンもあります。お食事は含まれていないため自分で用意をしなければなりませんが、共同キッチンは自由に利用することが可能。お部屋は1人部屋であることがほとんどで、他のお部屋に滞在している他の学生さんとの共同生活になります。仲良くなれば寮での異文化交流も楽しめるかもしれません。プライベートを大切にしたい方、また他の国の学生さんとのコミュニケーションを楽しみたい方におすすめな滞在方法です。

メリット

  • ルールが少なく自由度が高い!

  • アイルランドだけでなく他の国の学生さんとの交流が楽しめます

  • ホームステイに比べて通学時間が短く、学校から徒歩圏内の寮もたくさん

デメリット

  • お食事が含まれていないため食事は自分で準備をする必要があります

  • ホームステイに比べて割高になるケースが多くなります

ルームシェア(シェアハウス、フラットシェア)

部屋
アイルランドに長期滞在する方に人気な滞在方法がこちら。長期滞在される方も多くの方はまずはホームステイや寮に滞在をされますが、1~2ヶ月もするとルームシェア(シェアハウス、フラットシェア)に移られる方がほとんど。この場合お家探しは基本的にアイルランド到着後になるため渡航前にお家を決めることは難しいですが、いくつかのお家を見てみて自分に合うお家を見つけてみてはいかがでしょうか?

メリット

  • 学校手配のホームステイや寮に比べて滞在費用が安い

  • 住む前に実際に内覧(Viewing=ビューイング)に行きお家を見てから決めることができる

デメリット

  • 出身地、職業が全く異なる人との共同生活になるため、生活リズムの違いがストレスになることも

  • 実際に住んでみるとフラットメイトと合わない…ということも

    複数回引っ越しをされる方もたくさんいらっしゃるのでご安心ください。

フラットシェア(ルームシェア、シェアハウス)の探し方

Daftを利用する

現地の方もよく知っている1番ポピュラーな方法がこちら。現地学生なども、このサイトを利用してお家探しをすることが多い有名なサイトです。ただその分競争率が高いのも事実。お家探しをする際は、まずは条件を広く設定して丁寧な文章を心がけましょう。
公式サイト

MixBを利用する

アイルランド以外の国でもある日本人向けのコミュニティサイト。お家探し以外にもお仕事探しや売ります・買いますというコーナーもありますが、こちらであれば日本語でのやりとりが可能になります。
公式サイト

SNSページを利用する

例えばFacebook。”Dublin Flatmate”などで検索をするとさまざまなフラットメイト探しのコミュニティページが出てきます。ダブリンでは入居時に払ったデポジットを返してもらうために、次の入居者を見つけなければならないことも多数。入居者を探している人の投稿にコメントをしやりとりをしていく方法です。

お友達に情報をもらう

これ1本に絞るのは危険ですが、人脈社会のアイルランド。現地でお友達になった方々にお家を探しているということを伝えておくと、空きが出たお家の情報などを教えてもらえる場合もあります。お仕事探し同様、アンテナを広く張っておくと良いですよ。
フラットシェア(ルームシェア、シェアハウス)探しの注意点
アイルランドに入る前にお家を見つけておけると楽だな、と思いますよね。学校手配のホームステイや寮よりも安いお家がネットで探せてしまうかもしれません。が、アイルランドに限ったことではありませんが、お家を探している外国人が詐欺被害に遭うケースが多いのも事実。「お金を払えば鍵を送る」などと言ってお金を受け取り、その後連絡が取れなくなるという詐欺が多くなっています。会ったことのない人に大金を払うのは危険。お家探しの際は実際に内覧に行き、オーナーと直接会って契約をするようにしましょう。

ホテル・ホステル

短期滞在の方や、観光を兼ねた留学の方が選ばれるのがホテルやホステル。この場合はご自身で先に予約をされている方も多いですが、学校によってはホステルを紹介してくれるところもあります。ご希望の方はカウンセリングの際にお気軽におっしゃってくださいね。
お問い合わせ・説明会予約