0120-4192-09受付時間10時~19時

St. Patrick's Day セントパトリックスデー

アイルランド留学センター > セントパトリックスデー
セントパトリックスデー
アイルランド最大のお祭り、セントパトリックスデー(St Patrick’s Day)。アイルランドにキリスト教を広めた聖パトリックスの命日で、アイルランドでは何世紀も前からこの日をお祝いする習慣があります。

今では3月17日は西方教会の祭日でありアイルランドでは祝日。アイルランド以外の国でも、アイルランド系移民の多いニューヨークやボストンで緑色の服を着て仮装をしたりフェイスペイントをしたりしてお祝いするところも多くあります。最近は日本でもパレードが行われていますが、アイルランドでは街中が緑色。お料理やビールまで緑色になる、緑一色のお祭りです。3月に留学される方はぜひ3月17日をアイルランドで過ごしてくださいね。

聖パトリックとは

セントパトリックスデー
5世紀にアイルランドにキリスト教を広めた人物。アイルランドの聖人として知られており、アイルランドの使徒と呼ばれています。正確にどの時期に生きていたかは分かっていません。両親ともにキリスト教徒の家に生まれた彼は、初めは両親に反対されながらもローマ司教に命じられ5世紀初めに再度アイルランドを訪れました。

聖パトリックについてはさまざま語り継がれており、その中にはアイルランドのシンボルとしても知られるシャムロック(クローバー)を手に三位一体を説いたというものも。シャムロックは聖パトリックのシンボルとしても知られます。

アイルランドにおけるセントパトリックスデー

アイルランドにおけるセントパトリックスデー
聖パトリックスの命日である3月17日が祝日になっているアイルランドでは、当日はパレードが行われます。皆さん緑の帽子を被って緑の服を着て緑の靴下を履いて…。アイルランドで1番規模が大きいダブリンのパレードは50万人以上が参加するとも言われるほど。

パレードの他にも各地でセントパトリックスデーをお祝いするフェスティバルが開かれ、数日間に渡ってさまざまなイベントが開催されます。(2020年はコロナウイルスの影響で中止となりましたが、ダブリンでは3月13日から17日に渡って開催される予定でした。

日本におけるセントパトリックスデー

日本におけるセントパトリックスデー
なかなか日本人には馴染みのないセントパトリックスデーですが、日本ではセントパトリックスデーに近い週末に表参道でパレードが行われているほか代々木公園でも2日間に渡ってフェスティバルが行われています。(表参道のパレードは18万人が参加、アジア最大規模となっています!)2020年はオリンピックイヤーということで特に大規模なイベントが予定されており、北は札幌から南は熊本まで全17都市で21のイベントが予定されています。

世界のセントパトリックスデー

世界のセントパトリックスデー
日本でもお祝いされるセントパトリックスデー、もちろん世界中でお祝いされます。ジャガイモ飢饉もありアイルランドからの移民が多いアメリカでは、アイルランド系移民の多いシカゴやボストンなどでパレードが開催されます。他にも世界各地でパレードが行われるので、3月に海外に行かれる方はその国のセントパトリックスデーを楽しんでみてくださいね。
お問い合わせ・説明会予約