0120-4192-0910時~20時(月~金)/10時~19時(土日祝)

University アイルランド大学留学

アイルランド留学センター > アイルランド大学留学

アイルランド大学・大学院留学

アイルランドへの留学方法は語学やワーキングホリデーのみではありません。海外の大学への進学を志す方も増えてきていますが、実はアイルランドの大学へ進学するメリットはたくさんあるのです。英語が公用語になっているため、今後海外で活躍したいという方にもおすすめ。

アイルランド大学留学の魅力

大学留学の魅力

①教育水準が高い!

ヨーロッパの中でも教育水準が高いことで知られているアイルランド。1960年以降の経済成長の中でアイルランドの教育システムは大きく変わり、高校を卒業したアイルランド人のうち75%以上が進学をするという進学率の高さ。これはヨーロッパの中でも特に高い数字です。現在では世界160か国以上からアイルランドの高等教育機関に留学生が集まっており、特にITなどに分野においては高い水準の教育を提供しています。アイルランドにある7つの国立大学は、全て世界の大学ランキングトップ3%に入っています。

②ヨーロッパのシリコンバレー

アイルランドが、ヨーロッパのシリコンバレーと呼ばれていることをご存じでしょうか?FacebookやTwitter、Microsoftなど世界的なIT企業がヨーロッパの拠点をダブリンに置いており、優秀な若者たちがヨーロッパを中心に世界中から集まっています。現在でも年々経済成長を続けるアイルランドは、これから社会に出る方にとって成長できる場ではないでしょうか?

③フレンドリーで治安の良い国、アイルランド

世界一フレンドリーな国に選ばれたこともあるアイルランド。アイリッシュはフレンドリーでホスピタリティー精神が豊かなことで知られています。ヨーロッパの中でも犯罪率が低く治安の良い国として知られており、海外での生活が心配な方でも安心して生活を送っていただけます。

④ヨーロッパ就職で有利に

アイルランドの大学に進学をすると、在学中は留学生でもアルバイトが可能(最大週20時間、ホリデー期間は最大週40時間)可能なだけでなく卒業後も一定期間合法的にアイルランドに滞在することができます。この期間は仕事探しの期間として捉えられているため、大学卒業後に正社員として働く道を探すことが可能。この期間にインターンシップを経験し、その後就職に繋げる方もいらっしゃいます。アイルランドのみならず、ヨーロッパで就職する上でアイルランドの大学を卒業していると高く評価される傾向もあります。

⑤費用が安い

アイルランドは他のヨーロッパ諸国に比べて比較的物価が安く、お隣のイギリスに比べても留学費用が安くなります。海外の大学に行きたいけれど費用が気になる…という方はアイルランドを検討してみてはいかがでしょうか?

アイルランドの大学について

アイルランドの大学について
アイルランドでは高校卒業後に受ける教育のことをThird-level Educationと呼び、高校卒業後に受ける教育は内容に関わらずこれに含まれます。アイルランドには7つの国立大学があり、全ての大学が世界大学ランキングトップ500に入るという教育水準の高さ。Third-levelの教育機関にはこの国立大学の他に工科大学、14のInstitute of Technology(IT、公立カレッジ)や私立カレッジが含まれ、カレッジから大学に編入する場合は最初の1~2年が免除となります。

アイルランドではNFQ(National Framework of Qualifications)という指標で学位のレベルを表すことがあります。
NFQ 学位(英語) 学位(日本語) 取得可能な教育機関
レベル6 Advanced Certificate/Higher Certificate サーティフィケート 工科大学、公立カレッジ
レベル7 Ordinary Bachelor’s Degree 普通学士 工科大学、公立カレッジ、大学
レベル8 Ordinary Bachelor’s Degree/Higher Diploma 優等学士/ディプロマ 大学
レベル9 Master/Post-Graduate Diploma 修士/準修士 大学院
レベル10 Doctoral Degree/Higher Doctorate 博士 大学院

アイルランド大学留学の仕組み

アイルランド大学留学の仕組み

アイルランドの教育システムは日本と少し異なっており、現地学生は高校を卒業する際にLeaving
Certificate(高校の卒業試験、大学の入学試験を兼ねた試験)を受けます。最低でも2年間準備が必要と言われるこの試験ですが、日本にはLeaving Certificateに相当する試験がなく高校での学習内容も異なるため、卒業後すぐに大学に入学することはできません。

そこで日本の高校を卒業した方が大学入学前に受けなければならないのがファウンデーションコース。大学で学ぶ分野によって受けるファウンデーションコースの内容は少しずつ異なりますが、アカデミック英語や学ぶ予定の分野に関連した基礎知識を身に着けることが目的となりこのファウンデーションコースで一定の成績を残さなければ大学に進学することはできません。

ファウンデーションコースはそれを専門としたカレッジや語学学校、そして大学で提供されており、ファウンデーションコース専門のカレッジや語学学校を卒業した場合は提携先の大学に、大学で提供されたファウンデーションコースであればその大学に入学する流れが一般的です。一般的にファウンデーションコースの開始はアイルランドの新学期である9月。ファウンデーションコースを受けるためには通常IELTS5.0~5.5レベルの英語力が求められますが、英語力がそれに満たない方はその前に英語コースの受講が可能です。日本の高校を卒業されてからファウンデーションコースを受けられる方は、卒業後英語コースを受けその後ファウンデーションコースに入られるのが一般的です。

  • 2020年国内大学ランキング

1 Trinity College Dublin Dublin
2 Royal College of Surgeons in Ireland (RCSI) Dublin
2 University College Dublin Belfield
4 National University of Ireland, Galway Galway
5 Maynooth University Maynooth
5 University College Cork Cork
7 University of Limerick Limerick
8 Dublin City University Dublin
9 Technological University of Dublin Dublin

ファウンデーションコースを受けられる学校一覧

  • Dublin International Foundation College
    アイルランドとイギリスの大学や大学院への進学のためのファウンデーションコースを提供している専門カレッジで、英国大学連盟のパートナー校になっているため、英国大学連盟の提携大学への進学も可能です。ダブリンとコークにキャンパスを持ち、どちらもグリフィス大学のキャンパス内にあります。
  • University of Limerick Language Centre
    リムリック大学付属語学学校。日本の大学との提携も多く、ファウンデーションコース前の英語コース、ファウンデーションコースともに提供しています。キャンパス内にはリムリックのシンボルでもあるシャノン川が流れ、設備の充実度でも有名な大学です。

アイルランド大学留学のビザについて

日本国籍の方は、アイルランド入国時にビザを持っている必要はございません。入国後外国人登録時にビザ申請をすることができ、ビザは1年ごとに更新となります。

在学中は就労が可能となっており、6月~9月、12月15日~1月15日のホリデー期間は最大週40時間、その他の期間は最大週20時間までアルバイトをすることができます。

お問い合わせ・説明会予約