0120-4192-09受付時間10時~19時

Find work アイルランドでの仕事の探し方

アイルランド留学センター > アイルランドでの仕事の探し方
アイルランドでお仕事をしたいけれど、お仕事探しが心配という方も多いですよね。アイルランドは仕事が見つからない、という情報をネットなどで見ることもありますが、過去にアイルランドでワーキングホリデーや留学をされた日本人の方々はたくさんの方がお仕事を見つけていらっしゃいます。現地でお仕事を見つける方法をいくつかご紹介します。

お友達の紹介

友達

日本に比べて圧倒的に多いのがこの方法。日本人同士であってもそうでなくても、「今働いているところを辞めるから」「今働いているところで人を探しているから」といった理由でお友達から情報が入ってくることが多くあります。滞在期間の短い学生ビザやワーキングホリデービザのスタッフを雇っているところであれば、定期的に人を募集しているかもしれません。
そこで必要になるのが人脈づくり。ミートアップなどで現地のお友達を増やすという方法もありますし、語学学校で人脈を増やすという方法もあります。英語力を上げるという目的だけでなく、人脈づくりのためにも効果的な語学学校。すでに英語力がある方でも、4週間など短期で語学学校に通われる方も多くいらっしゃいます。

求人情報を貼っているお店を探す

タイトル

アイルランドに限らず、ワーキングホリデーのお仕事探しで最も一般的な履歴書を配り歩くという方法。ダブリンに限らず中心部はカフェやレストランが多いですし、窓や扉に求人情報を貼っているお店も多く見られます。
中には外国人の求職者が多いダブリン中心地を外すという工夫をしていらっしゃる方も。履歴書を渡しに行く際は、飲食店であれば食事どきなどピークの時間帯を避けマネージャーに履歴書を手渡すようにしましょう。履歴書を渡しその場で面接というケースも多くあります。

求人サイトから履歴書を送ってみる

スマートフォン

日本人にとっては1番イメージのつく方法かもしれません。例えばLinkedinやIndeedなどの求人サイトから自分に合う求人を探して履歴書を送り、先方からのメールや電話連絡を待つという方法。


英語での電話はハードルが高く感じますが、英語力もお仕事をする上で求められるスキルの一つ。普段から英語での電話に慣れておくと安心ですね。

語学学校からの情報を利用する

ジョブフェア

語学学校の中には、求人情報からシェアメイト募集の情報、また「中古自転車売ります」といった情報までさまざまな情報をボードに記載しているところもあります。その中の求人情報の中に飲食店などの採用担当者の連絡先が記載されていることも。情報の数としては多くないですが、手軽に得られる情報ですので見つけたら応募してみてはいかがでしょうか。

日本語コミュニティサイトを利用する

メディア

アイルランドの場合は他の国に比べて日本語で得られる情報も少ないですが、日本語で得られる求人情報も少なからずあります。
例えばMixB。アイルランド以外の国にもありますが、こちらのサイトを利用される方も多くいらっしゃいます。アイルランド内の求人に限らず他の国の求人情報、またお家探しの情報などが得られます。

語学学校のインターンシッププログラムを利用する

働いている人

まずは無給からスタートですが、確実に英語環境でのお仕事が経験できるのがこの方法。特に接客業ではなくオフィスワークを経験したいという方におすすめ。経験や能力によっては、その後有給のポジションを得られる可能性もゼロではありません。無給インターンシップは就労時間にはカウントされませんので、並行して有給のアルバイトをすることも可能です。


お問い合わせ・説明会予約