0120-4192-0910時~20時(月~金)/10時~19時(土日祝)

Visas アイルランドのビザについて

アイルランド留学センター > アイルランドのビザについて
海外に行く際に必ず気にしなければならないのがビザ。日本国籍の方はビザなしで行ける国も多いですが、長期滞在になることの多い留学では正確なビザ情報を得ることが大切。アイルランド留学に必要になるビザにはどんなものがあるのか、見ていきましょう。
※アイルランド入国時には、出国予定日+6ヶ月間のパスポート有効期限が残っている必要があります。

観光ビザ(ビザなし)

アイルランドへの滞在が90日以下の方はビザ申請をしなくとも留学をすることが可能。つまり、12週間の留学まではビザなしで滞在をすることができます。

入国時に押されるスタンプに書かれた日付が観光ビザの有効期限。入国時、念の為出国チケットと語学学校の入学許可証を提示できるよう準備をしておきましょう。

学生ビザ

アイルランドへの滞在が90日を超える方は、学生ビザの申請をする必要があります。1回の学生ビザ申請で滞在可能な期間は最大8ヶ月となるため注意が必要ですが、学生ビザの申請は渡航前ではなくアイルランド入国後となり、日本ですることは申請書類を揃えるのみ。
(ダブリンとそれ以外で学生ビザの申請方法(IRP=GNIB:外国人登録の方法)が変わってきます。ダブリンに滞在をされる方は渡航前から予約をとっておくことをおすすめします。)

25週間以上語学学校に通学される方は、2ヶ月間のホリデー期間が付与され最大8ヶ月間の滞在が可能。その場合は週20時間(6月~9月、12月15日~1月15日は週40時間)までの労働が許可されます。

学生ビザは最大2回まで延長をすることが可能。延長をするためには85%以上の出席などが必要となりますが、延長をすれば最大24ヶ月(=2年間)学生ビザでアイルランドに滞在することが可能です。

25週間以上通学される方は、Exit Examと呼ばれる英語能力試験の受験が義務付けられています。この試験は入学前、申込み時点でどの試験を受けるのか決めておき学校経由で申し込みをしておく必要があります。学生ビザ延長時はスコアの提示が必要となりますので、必ず受験をするようにしてください。


ワーキングホリデービザ

アイルランドへの滞在が8ヶ月を超える方で30歳以下の方は、ワーキングホリデー(ワーホリ)ビザの申請がおすすめ。1年間留学したい!という方も多いですが、そんな方にはワーキングホリデー(ワーホリ)ビザが便利。

アイルランドのワーキングホリデー(ワーホリ)ビザには語学学校への通学週数に制限がなく、1年間ずっと語学学校に通うことも可能。もちろん最大週40時間までの就労は語学学校への通学期間に関わらず許可されます。(実際に就労をする前に、IRP=GNIB:外国人登録を終える必要があります。)


ワーキングホリデー(ワーホリ)で1年間滞在したけれどまだまだアイルランドにいたい!という方にはワーキングホリデー(ワーホリ)ビザからの学生ビザへの切り替えも人気。ワーキングホリデー(ワーホリ)ビザでの1年間と、学生ビザでの24ヶ月をフル活用すれば最大3年間アイルランドに滞在をすることが可能となります。

長期滞在を考えている方は、学生ビザとワーキングホリデー(ワーホリ)ビザで悩まれる方もいらっしゃるかもしれません。お悩みの方はお気軽にお問い合わせくださいね。
お問い合わせ・説明会予約